Top page  1/35

牡蠣の炒飯(ナンプラー風味)

CATEGORY料理

この間つくった炒飯に使った具は、ナンプラーでもんだ牡蠣。

最近、炒飯に はまってる。


あまり上手に作ることができなくて、いままでは年に数回も作れば良い方だったのだけれど、2016年12月1日の「みなさんのおかげです」を見て「頭で考えるんじゃなくて、乗りで作れば良いのかも」と閃いた。 正にパラダイムシフト。

材料(1.5人分)

  • ごはん 1.5人分
  • 牡蠣 70~80g
  • 小ねぎ 0.5 本
  • ナンプラー 小さじ0.5
  • 少々
  • 胡椒 少々
  • 2個
  • サラダ油 大さじ1
  • しょうが 2枚

牡蠣は、スーパーで売っているにしては、やや大ぶりのものを3個。
よくある水に浸かってるタイプのやつは、火を通すと汁がいっぱい出て びっくりするくらい小さくなるので、気持ち多めの方が吉。

小ねぎは、青いところだけを使う(だから、0.5本)。
サラダ油は、気持ち多いかなという炒飯基準。

1.5人分なのは、そのときの事情。
師匠が、朝ごはんにしっかりとカレーを食べたので、少な目で良いということだったので :-)

作り方

  1. 材料の下ごしらえ
    • 冷やご飯を使うなら、電子レンジで温めておく
    • ひとつの牡蠣を7、8くらいに切り分け(だいたい、5mm角くらい)、ナンプラーで軽くもんでおく
    • しょうがは、千切りにする
    • 小ねぎは、小口切りにする
  2. 少量のサラダ油を熱して、牡蠣を中火で炒める

    むちっとした感じになるまで1分くらい

  3. サラダ油を足して、強火にして しょうがを入れる
  4. すぐに しょうがの香りがしてくるので、卵を割り入れて、すぐ ご飯を入れる
  5. 卵をご飯にからめるようにしながら強火で炒める

    ご飯がほぐれてくるまで1分から1分半

  6. 塩、胡椒で味を調える
  7. お皿によそったら、小ねぎを散らす

味が足りなかったら、ナンプラーを追加で。

師匠にはお褒めの言葉をいただいたが、牡蠣の風味はほんのり感。
より、牡蠣っぽくするならオイスターソースを使えば良いだろうか(今度、試す。

レシピ 炒飯

テストを2件ほど

CATEGORYブログ

highlight.js をいじってて、スマホ(android 標準ブラウザ)で崩れるのに気が付いた。
どうやら、カスタムデータを設定していないときと、属性値を設定しないカスタムデータ属性を取得したときの挙動が違う。
e.dataset.<key> === undefined でカスタムデータ属性が設定されているかどうかを判定できるかと思ったんだけど……


plain only attr name has value

  カスタムデータ属性なし
<code>
値なしのカスタムデータ属性
<code data-key>
PC のブラウザ undefined 空文字列
android 標準ブラウザ 空文字列 空文字列



//  if (code.dataset.lineNumber !== undefined) {
    if (code.hasAttribute("data-line-number")) {
        attr.start_line = code.dataset.lineNumber === "" ? 1 : code.dataset.lineNumber;
    }

DOM の hasAttribute メソッドを使って判定する。
値の取得も、dataset じゃなくて getAttribute メソッド使えばええやん、って気がしなくもないが。





JSON-LD には url 属性があるので、別のページの内容を表す JSON-LD が有効なのか、とか試してみる。

JSON-LD of article 157


リッチスニッペットに反映されるタイミングがよく分からない(少なくとも、クロールされたときじゃない)けど、やっぱり駄目だよな (´・ω・`)

highlight.js JSON-LD クロスブラウザ

Google Search Console からのお便り

こんなメールが Google Search Console から。

http://jimsie.blog57.fc2.com/ で、安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する2017/01/20

http://jimsie.blog57.fc2.com/ の所有者様

2017 年 1 月より、Chrome(バージョン 56 以降)では、パスワードやクレジット カード番号を収集するページで、HTTPS で配信されないものについては、「安全でない」と明示することになりました。

以下の URL は、Chrome のこの新しい警告が発生する原因となる、パスワードやクレジット カード情報の入力欄を含んでいます。こちらの例を参照し、警告が発生する箇所を確認して、ユーザーのデータの保護にお役立てください。なお、このリストはすべてを網羅したものではありません。

長期的には、非暗号化プロトコルである HTTP で配信されるすべてのページを「安全でない」と明示することを計画しており、この新しい警告はその第一段階です。

この問題の修正方法:

機密情報の収集には HTTPS ページを使用する

Chrome ユーザーが貴サイトにアクセスした際に「安全でない」との通知が表示されないようにするには、パスワードやクレジット カード情報の入力欄を HTTPS プロトコルで配信されるページに移動してください。


XMLHTTPRequest を使ったコードは書いてあるものの、特にパスワードを収集するような記事ではないんだけど。
HTTPS に移行しろと言われてもなあ...



あっ。
コメントの入力欄の「パスワード」か。




コメント投稿は確認ページを間にはさむので、テンプレートからパスワードを削っちゃっても問題はない(よね)。

google

テンプレートを変えてみた

html javascript css