春菊のジェノベーゼ

CATEGORY料理
昨年に作った大葉を使ったジェノベーゼ風のが、とても良い感じだったので、今回は春菊を使っての和風ジェノベーゼパスタ
参考にさせてもらったのは、ツジメシのこちら

三種類作ってみたけど、そのうち、出来が良かった二つ。
f:id:a-kuma3:20130324120608j:image:w240:right f:id:a-kuma3:20130407123951j:image:w240:right
ひとつはホタルイカ。
もうひとつは、豚バラと筍を使ったもの。

市販のジェノベーゼに比べて、ペーストには味付けをほとんどしていないので、さっぱりと頂ける。
オリーブオイルの量もかなり少ないので、パスタにするときに調整できるのも良い。


作り方は...


【作り方】…… 二人分

■材料
  • パスタ ―― 2人分
  • ホタルイカ ―― 1パック
  • にんにく ―― 1片
  • とうがらし ―― 適量
  • オリーブオイル ―― 大さじ2くらい
  • 春菊ペースト
    • 春菊 ―― 6本くらい(ペーストには葉だけを使う)
    • オリーブオイル ―― 大さじ1
    • 水 ―― 大さじ1

■準備
  • ホタルイカの、目、中骨、口ばしを取る(とても大切)
  • 春菊の葉をむしり、細かいみじん切りにする(飾りに少しよけておく)
    みじん切りにした葉にオリーブオイルと水を入れ、よく混ぜる
  • 春菊の茎は、根元を切り、全体を斜めに薄切りにする
  • にんにくはみじん切りにする

■作り方
  1. パスタを茹で始める
  2. 冷たいフライパンににんにくと輪切りの唐辛子、オリーブオイルを入れ火を点ける
  3. にんにくがやや色づいてきたら、ホタルイカを入れ、軽く火を通し、にんにくが焦げる前に茹で汁をお玉1杯入れてフライパンの火を切る
  4. パスタの茹であがりの30秒前にフライパンに火を入れる
  5. フライパンに春菊の茎を入れ、茹であがったパスタと春菊ペーストを入れる
  6. 弱火にかけながら、激しくぐるぐる混ぜる
  7. お皿に装って、残した春菊の葉を飾る



豚バラと筍の方も、作り方は大体同じ。
  • 豚バラには、塩・胡椒でやや強めに下味を付ける
    その分、筍には敢えて下味を付けない
  • 筍は穂先を使った方が美味しい。根元を使うなら薄めに切る
  • 筍は焼き目が付いていた方が旨そうなので、パスタを茹でる前に、少量のオリーブオイルをひいたフライパンで焼き目を付けておく
  • 豚肉はきちんと火を通したいので、先にあらかた火を通してからフライパンの火を一旦消して、フライパンの片隅にオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れ、あらためて火を点ける
    にんにくが色づくまで火を通し、焦げを止めるために茹で汁を1杯入れて、フライパンの火を切る
こっちの方は、春菊ペーストを若干、少なめにして、やや唐辛子を効かせると、とても美味しい感じに出来上がる(大人向けかな?)。
関連記事
スポンサーサイト

パスタ レシピ

0 Comments

Leave a comment